スペイン料理の大辞典

美味しいスペイン料理の作り方や、人気のお店や口コミを掲載していくサイトです。

スペイン料理の特色

スペイン料理の地方ごとの特色

スペイン料理は材料・調理法ともにとても豊かな食文化を形成しています。肉も魚介類もよく食べられますし、主食は米・パスタ・パン・じゃがいもなどを様々なバリエーションで料理します。日本でもよく知られた料理と言えば、トルティーヤ(スペイン風オムレツ)、ガスパチョ、パエーリャなどでしょうか。
スペインは日本のように、各地域によって特徴のある食文化があります。アンダルシア地方では海に近いため魚介類を多く食べ、またオリーブオイルがよくつかわれることが特徴です。有名な冷たいトマトスープ「ガスパチョ」はこの地方の料理です。

ワインの産地でもあるアンダルシアではかのシェイクスピアも絶賛したというシェリー酒が有名です。カタロニア地方は、大変豊かな食文化があり、スペインで最初のレシピ本ができたのも、この地方とのことです。エスクデラと呼ばれるスープは14世紀ヨーロッパで最初に文献に登場したスープと言われています。トマトやニンニクをふんだんに使った地中海料理に近い料理法がみられます。

バレンシア地方には、有名なパエーリャがありますが、ほかにも米を使った料理がたくさんあります。北新地のスぺイン料理で教わったところイカ墨を使ったアロスネグレや、魚介のスープでご飯を炊いたアロスアバンダなどがそれにあたるようです。ほかにもチョリソーなどのソーセージやイディアサバルチーズなどが有名です。

-スペイン料理の特色